中性脂肪を燃焼させる方法【数値を下げる事が健康への近道】

血液をサラサラにするには

ダイエット

血管が詰まる原因とは

中性脂肪は、体のエネルギー源として大切なものですが、余ってしまうと皮下脂肪や内臓脂肪に変化します。肥満になるのもこの中性脂肪で出来たぜい肉のためです。中高年になるとエネルギー代謝が悪くなり中性脂肪は余っていきます。これは、血管にもこびりつき血液の流れを悪くして、動脈硬化などを引き起こしたりします。それが、さらに心筋梗塞や脳卒中などの病気を起こす原因となるのです。中性脂肪が増えるのは、老化や高カロリーの食事、飲酒、肥満などが原因です。若い人でも代謝の悪い人や暴飲、暴食を繰り返すと中性脂肪は増えてしまいます。それに、過度の飲酒も控えることが大切で、肝臓にとりこまれたアルコールがそこで中性脂肪になり血液中に流れていくからです。

その解決方法とは

多くの人が、中性脂肪を下げるため食生活の見直しを測っています。肉や卵、チーズ、牛乳なども摂りすぎないよう注意することが必要です。炭水化物の摂り過ぎも良くないので、ご飯やパンなども食べ過ぎないようにして、食物繊維の多い野菜や海藻類などを中心とした食事をすることが大切です。また、中性脂肪を下げるには、アジやサバ、イワシなど青魚に含まれるDHA、EPAの成分が血流をよくする効果があります。これは、劣化した血管を蘇らせ血流をよくするので中性脂肪を下げるのです。しかし、毎日青魚を食事で摂ることは大変で、サプリメントなら手軽にDHA、EPAを摂ることができます。種類も様々でカプセルやタブレット、ドリンクタイプなどがあります。サプリメントは、中性脂肪を下げるには一番簡単な方法だと言えるでしょう。

血液を健康に保つためには

サプリメント

中性脂肪は増加すると、深刻な病気の原因ともなります。食事や運動など生活習慣を改善していくことで、下げることができます。また、中性脂肪に効果のある成分を、サプリメントを使って積極的に摂取していきたいものです。これらは、中性脂肪を下げる、血栓を予防するなどの特徴があります。

詳しく見る

生活習慣病の対策

体重計

コレステロール増加の原因になる中性脂肪を下げる作用が期待できるものは、青魚に豊富なオメガ3(DHA・EPA)です。青魚の摂取は難しい方も多いと思うので、効率良く摂取するためにもサプリメントが良いと思います。また、普段の食事や生活にも気をつけるとより健康的になります。

詳しく見る

脂肪肝のリスクを減らそう

tea

中性脂肪値の高い人には果物好きな人が多いので、果物が特に好きでついつい食べ過ぎてしまうという人は中性脂肪値を下げることを考える方がよいでしょう。中性脂肪が多いままにしておくと脂肪肝のリスクが高まるので、DHAやEPA、ナットウキナーゼなどを利用してしっかり下げることが大切です。

詳しく見る